ヘッドライン

■「都議選に向けて創価は組織的に住民票を移動させている」と息巻く創価アンチの皆さんへ part3(ついでに衆院選に向けて東京12区に住民票を移動させていると息巻く創価アンチの方々へ)

今回は創価学会による都議選住民票移動疑惑検証シリーズの第3弾。
今回は豪華版で都内全ての区市町村の住民票移動状況を選挙区別にまとめた。
数値はこちら
数字は挙げたから各自粛々と分析するように。私は分析する気はありません。なお、公明党候補が立候補した選挙区の立候補した年の数値は背景を色付けして斜体に変えてある。
きっと自分の自分のブログのコメント欄で「創価学会は都議選に向けて組織的に住民票を移動させている」と大見得を切ったクロダイはこのデータを基に創価学会が組織的に住民票移動させていることを立証してくれることでしょう。なんか公明党候補が立ったのに都議選執行年の住民票移動数が減っている選挙区もあるんですが、そんなことも乗り越えて立証してくれることだろう。
そういえば、衆院選に向けて創価信者が東京12区に大挙して住民票を動かしていると示唆なさっていたジャーナリストもいましたが、彼もきっと住民票移動を立証してくれることでしょう。ちなみに2008年の北区、足立区の転入件数は前年よりも減っている。

しかし、数値まとめて「創価学会の住民票移動はデマだ」という結論を導き出す作業をなぜか創価アンチのはずの私以外に手がけている人がほとんどいないというのは面白い。おかげで創価信者の皆さんからは好評だったが、せめてリンクぐらいはちゃんと張ってね。なお、目に付いた例外はこちら。このブログは世田谷区の人口を調べて創価学会による住民票移動はデマだと結論付けている。

つーか、両陣営とも少しは手を動かすように。こんなのそんなに時間がかからずできろ作業なんだから。
〔2011.11.27〕
 Onsheetがサービス終了とのことなのでGoogleドキュメントにファイルを移転しました。
スポンサーサイト

テーマ:創価学会・公明党 - ジャンル:政治・経済

プロフィール

資料屋

Author:資料屋
ブログ名変えた(2011.4.24)。落ち着かないなあ。

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム