ヘッドライン

■警察統計に出てくる性犯罪の数は、実際に捜査機関に申告した人のうちでも氷山の一角

 法務省法務総合研究所が行っている「第4回犯罪被害実態(暗数)調査(2012年)」によると、過去5年間に性暴力の被害に遭った方の割合は1.3%。そのうち、18.5%が捜査機関に申告したと言う。2012年の16歳以上人口を分母にすると、過去5年間に性暴力の被害に遭った方は142万人余り、そのうち26万人あまりがその性暴力を捜査機関に申告している。
 では、警察の統計を見よう。刑法犯としてカウントされる強姦、強盗強姦、強制わいせつ、公然わいせつの2007年から2011年までの認知件数は55,585件。迷惑防止条例違反(粗暴行為)による送致件数は29,100件。2つ合わせて84,685件。これが、警察統計上の過去5年間の性暴力の数である。
 警察統計に表れる性暴力の数は、申告した数から比べてもさらに氷山の一角に過ぎないことがよくわかる。被害者が捜査機関に申告しても、必ずしも警察が犯罪として認知するわけではないのである。そして、犯罪として認知しなければ認知件数としてはカウントされない。痴漢が含まれるところの迷惑防止条例違反に至っては、送致件数であるから、被疑者が特定されて送致されない限り件数にはカウントされないのである。
 このように、警察統計には暗数が相当あるのである。
スポンサーサイト

テーマ:犯罪 - ジャンル:政治・経済

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

プロフィール

資料屋

Author:資料屋
ブログ名変えた(2011.4.24)。落ち着かないなあ。

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム