ヘッドライン

■新聞「奨学」生、奨学生と名は付いているが、単に市場並みの賃金を払っているだけ

 新聞奨学生ってそんなに恵まれているのか?朝日奨学会のサイトに条件を参考に、ちょっと計算してみた。これによれば4年間勤め上げると学費を最大で520万、このほかに給与が平均152,240円もらえるという。二つあわせて4年間で1,250万円強だ。一方、朝日新聞販売店の求人ではどういう条件になっているかを「タウンワーク」で見れば、埼玉でも月給28万円などの求人が並ぶ(一例)。仮に月給28万円とすると、4年間で1,344万円。さらにこちらは社会保険完備なので社会保険料の使用者負担がプラスされるわけだ。この二つを見比べると、新聞「奨学」生、新聞社にとって経済的なメリットはそれなりにある制度ではないか。単に労働力の対価として正当な賃金を払っているだけの話だろう。新聞「奨学」生に給付されう学費520万は4年間勤め上げなければ返還の義務があることを考えればなおさらである。

 それにしても、なのである。労働力に対して正当な対価を払っただけのことで「奨学」などとさも世のため人のためにやってますよなんて宣伝し、それを弱者が這い上がるための制度だ、新聞社の社会貢献だなどと擁護する人間まで出てくる。いやー、使用者側って実に恵まれてますね。低所得者が「家賃が高い、家主はぼったくりだ」なんて言おうものなら即ネットで袋叩き。低所得者の労働力に対して正当な対価を払っただけのことなのに「企業は赤字を出している」なんていってもだーれも非難しない。この国には労働力泥棒が実にたくさんいることがわかるエピソードである。
スポンサーサイト

プロフィール

資料屋

Author:資料屋
ブログ名変えた(2011.4.24)。落ち着かないなあ。

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム