ヘッドライン

■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■アベノミクスで確かに雇用は増えたけど、民主党政権でも雇用は増えてましたよと

 昨日は安倍政権下でどのくらい雇用が増えたのかを確かめた。しかし民主党政権時代も見ないと公平でないので民主党政権時代にまで時系列を延ばして検証した。なお使用したのは昨日と同じ総務省統計局「労働力調査」の7~9月四半期のデータである。また対象としたのは卒業者のデータである。それではグラフを示す。
2009~2014就業率推移
2009~2014正規社員推移

 このグラフを見ていると民主党政権時代から既に雇用は増えていたことがわかる。ただ正規社員の割合は減っていたのでそこが雇用改善を実感できなかった原因と考えられる。若年者に関しては既に民主党政権時代から雇用は回復しはじめていて、その趨勢がさらに延長したとも読める。安倍政権になって変わったのは55歳以上の高年齢層の雇用で、こちらは安倍政権になってから段違いである。
 しかし相対的に見たら震災の悪影響もある中民主党政権はなかなか健闘したといえるのではないだろうか。安倍政権を擁護する人たちの中には一気に雇用回復するのは難しい、徐々に回復していくものだとする意見が見られるが同じ事が民主党政権についても言える。
スポンサーサイト

テーマ:統計情報 - ジャンル:政治・経済

プロフィール

資料屋

Author:資料屋
ブログ名変えた(2011.4.24)。落ち着かないなあ。

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。