ヘッドライン

■すき家ストライキで正面からすき家と戦いたい人のための超簡単労働組合つくり方ガイド

 現在、twitterでは「#すき家ストライキ」のハッシュタグで5月29日にすき家のバイト皆で欠勤してストライキしようという話が盛り上がっている。というわけで合法的に5月29日にストをする方法を書いておく。流れとしては組合を作って団交してストを打つという流れだが、それぞれのステップは決して難しいものではない。サークルを作ってサークルで活動していくのと同じようなものである。
 なお、「正面から戦いたい人のための」としたのはこのような手順を踏んでストを打ったらゼンショーがクビにしてくるなどの可能性も否定できない(ただし違法なので裁判所に訴えるなりすればゼンショーは賠償命令を食らう)ため、あくまでもそのようなリスクをとってでも正面から戦いたい人が参照してくださればと考えてのものである。だからそのようなリスクが怖いという人は有休を使う、病気だと嘘をついて休みをもらうなどの手段を使えばよいのだが、こちらの手段を使って本来の意図がゼンショーに発覚したときはゼンショーはそれなりの処分を下すことができることを念頭に置いていただきたい。
 それでは始めよう。

1.労働組合結成
 有志2人以上で集まってゼンショーから少しでも高い労働条件を取るために戦おうぜと示し合わせます。これで労働組合はできました。なお、労働委員会に訴え出るときには規約がどうのなど七面倒な要件を問われることになりますが、その要件は労働委員会に訴え出た後でおいおい整えればよいのです。労働委員会事務局が丁寧に指導してくれます。
 このとき、最低限満たさなければならない条件は次の通りです。ただし、ゼンショーから高い労働条件を勝ち取ろうとする皆さんがこの条件を満たせないことはほぼないはずです。
1)経営側に属する人が参加していないこと。アルバイトだけで参加していればこの条件は軽く満たせます。
2)ゼンショーから高い労働条件を勝ち取ろうとすることを目的にすること。
3)組合で必要な経費をゼンショーに払ってもらわないこと
4)労働者が主体になってること。アルバイト主体なら何ら問題ありませんね。
 この条件を満たす団体なりサークルなりを作ったらもうそれは労働組合です。つづいて、次の事柄を決めます。
・組合の住所
・代表者
・組合の名前
 これらを使ってゼンショーと交渉していきますので最低限これらは必要です。もっとも、組合の住所などメンバーの誰かの自宅で一向に構いません。都合のいい場所をお選びください。代表者や組合の名前も都合に合わせて決めてください。決まったらメモ書き程度でいいので紙に書いて残しておきましょう。

2.団体交渉
 それでは団体交渉を始めましょう。まずメンバー皆で一体何を要求するか決めます。労働条件に関することならおよそなんでも構いません。「給料上げろ」でもいいですし「残業代払え」でもいいですし「労働時間短くしろ」でもいいですし、もちろんこれらすべてを要求しても構いません。
 要求事項が固まったらそれを文書にしてゼンショーに送り付けましょう。このとき、一緒に何月何日までに受諾するとの回答がなければ何日にストライキを決行するとの文も付け加えます。送りつけるときは内容証明郵便がよろしいでしょう。内容証明郵便の郵便料金をどう払うかはメンバーで決めてください。
ゼンショーからの回答によってこのあとの行く先が違います。
1)全部受諾するとの回答があったら
 おめでとう!皆さんの大勝利です。回答は社印つきの文書でもらうようにしてください。後は労働協約を結んで皆さんの示した条件に従うように監視するまでです。もし実行しなければ裁判に訴えられますし改めてストを打っても構いません。とりあえず5月29日のストには参加できません。

2)受取拒否されたら
 団体交渉の拒否ですからストライキに突入できます。ストライキ予告もしてあるのですからもはやスト決行に何はばかることもありません。受取拒否したのは相手の勝手な都合ですからそんなものを考慮してやる必要はないのです。

3)団体交渉の申し入れがあったら・拒否回答があったら
 やっぱりストライキに突入して構いません。交渉を続けながらストをやってください。交渉中にどの時点でストをやるかは皆さん方の組合が決めることです。交渉決裂まで待つ必要はありません。

4)何らの回答もないとき
 これが一番きわどい。安全策としてはストを打たないことです。かと言って一応期限を切って回答を求めていますから絶対に違法とされるわけでもないのですが。一週間くらい前に通知していればよいのですが今回それはできないのでなるべく早めに通知することをおすすめします。

3.ストライキ突入
 いよいよストライキ突入です。ストライキ中は家で寝てるもよし、何をするもよしです。店の前でストライキ決行中と看板もって立っているのもよろしいかと。ただし暴力だけは絶対にいけません。

4.労働委員会に申し立てる
 もしストライキをしたことでクビになったり不利益なことがあったりすれば労働委員会に申し立てます。すると皆さんの組合の法的に不備な点を労働委員会の人はいろいろ指導してくれますからその通り不備を改善します。これで労働委員会は皆さんの組合を法的に正当な組合として扱ってくれます。労働委員会が命令を出すまでに不備が直っていればよいのですから、細々とした要件を組合結成の時点で考える必要はないのです。

おまけ.既存の組合への参加をどうするか
 首都圏青年ユニオンなどの既存の組合への参加は皆さんで自由に決めることです。ただ、既存の組合は闘い慣れていますから、ゼンショーと闘っていく上でのテクニックも当然期待できます。そのことも勘案して既存の組合に入るかどうかを検討してください。既存の組合に入らないからストが違法ということは一切ありません。
スポンサーサイト

テーマ:労働運動 - ジャンル:政治・経済

プロフィール

資料屋

Author:資料屋
ブログ名変えた(2011.4.24)。落ち着かないなあ。

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム