ヘッドライン

■東京人権啓発企業連絡会、「江戸しぐさ」をプッシュする

 たまたま東京人権啓発企業連絡会のサイト「ひろげよう人権」を開いたらびっくりした。トピックスのところに越川禮子氏による「~江戸しぐさに学ぶ~『あなたが傘をかしげるとき』」なる文章が寄稿されていたからだ。さらにさらに検索を進めていくと「第29回 同和問題に取り組む全国企業連絡会全国集会」部落解放同盟中央本部中央執行委員長挨拶のあとに(ここ重要)越川禮子氏と桐山勝氏を招いて江戸しぐさの講演をやっちゃっている。
 この江戸しぐさ、後世の創作ではないかという疑いがきわめて強い上に主張している内容も保守的な価値観を反映したもので、どう考えても人権啓発を謳う団体が推せるものでもないのだ。例えば「逆らいしぐさ」。これはかいつまんで言えば年長者の言うことには何が何でも逆らわないというものだが、「刷り込みチェックシート」の中で「長いものに巻かれる自分を生活の中で感じることがある。」や「人と接するときに、肩書きに弱い。」などといった項目をステレオタイプや偏見と断じていることと矛盾する。もうひとつ、「うかつあやまり」。被害者側も自分がうかつでしたと謝る事が粋なんだとかどうとか主張しているものだが、これまた現代の人権意識にはそぐわない。挙句の果てに江戸しぐさができない者は田舎者と思われてスリに遭ったなどと授業で教える教員もいるようだが、とことんまでに長いものに巻かれましょうと言わんばかりの内容である。こんなものを部落解放同盟まで看過しているとは嘆かわしい限りである。

参考
江戸しぐさについての説明はWikipediaの該当ページが端的でわかりやすい。本当に由来すらいい加減かつ到底信頼できないような代物なのだ(例を挙げておくと、江戸しぐさは江戸商人の秘伝であったと言うのが提唱者たちの主張であるが、なんでそんな秘伝が江戸町人皆に知れているのやら)。
スポンサーサイト

プロフィール

資料屋

Author:資料屋
ブログ名変えた(2011.4.24)。落ち着かないなあ。

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム