ヘッドライン

■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■結構危ういりんごっこ保育園

〔2010.1.4追記〕東村山市議異状死事案に関する資料を求めてこのブログへ来られた方へ
このブログには大したものはありません。詳細な資料をお求めの方は朝木明代市議万引き被疑事件・転落死事件 まとめWikiをご覧下さい。質・量ともにはるかに豊富な情報が掲載されています。

薄汚い世界から「データの国」へと旅立った方もいると言うのに相変わらず薄汚い世界に居座ってデータをほじくり返す私であります。

東村山市議異状死事案について謀殺説の急先鋒に立つ矢野穂積氏、結構いろいろやってらっしゃる。保育園なんかの運営にも関与している模様。
ところがですね、矢野穂積氏が運営に関与しているりんごっこ保育園、C.I.L氏のブログに問題点が指摘されている。

以下、厚生労働省「平成18年社会福祉施設等調査」の数値を参照しつつ、C.I.L.氏の指摘する問題点のうちいくつかの点について全国平均と比べて果たして本当に問題と言えるのか見てみる。
特に注記がない限り数値、表番号、表の名称は「平成18年社会福祉施設等調査」のものである。

1.面積が狭い
先のC.I.L.氏のブログ記事にはりんごっこ保育園の園児一人当たりの有効面積(園児の保育スペース)が東村山市内で飛び抜けて狭いとしている。
しかしだね、東村山市内の保育園のレベルが全国でも飛び抜けて高いという可能性もあるわけで。
じゃあ見るべ見るべ統計を。と言っても保育スペースの統計は見つからなかったので建築延べ面積の数値を。

「第20表-6 1施設当たり平均建築延面積,施設の種類(保育所調査票)、定員階級別」によると定員が51人~100人の保育所の建築延べ面積の平均が599.6平米。ついでに付け足しで定員が1人~49人の保育所の建築延べ面積の全国平均は414.4平米。

宇留嶋氏によればりんごっこ保育園は定員81名で100平米二階建てであるから建築延べ面積は200平米。

…おい、ちょい待て、狭すぎるにもほどがあるだろが。ずいぶんあこぎな商いをしてますなとしか言いようがない。

2.スタッフの入れ替わりが激しい
全国2万2720ヶ所、うち公立1万1510ヶ所、私立1万1210ヶ所(「第5表 保育所数,都道府県-指定都市-中核市、経営主体別」による)の保育所に36万8723人(公立16万5651人、私立20万3072人)の常勤職員が勤務している(「第15表(5-4) 社会福祉施設等の常勤換算従事者数,職種・常勤-非常勤、施設の種類・経営主体別」)。

で、平成18年一年間で3万8372人(公立1万935人、私立2万7437人)が退職し、4万4204人(公立1万2345人、私立3万1859人)の職員が新たに採用されている(第17表(2-1) 社会福祉施設等の常勤職員の採用・退職者数,職種、施設の種類・経営主体の公営-私営別)。私立保育所だと全国平均で一年間にだいたい13.5%程度の職員が退職する。

一方、りんごっこ保育園は24人の職員数でわずか3ヶ月の間に8人の退職者。退職率を算出すれば24.24%。
ちょっと異常だろ。

追記(2008/10/14 22:42)
さらにデータを追記。全国の保育所の定員は208万3061人。公立保育所の定員が104万6328人、私立保育所の定員が103万6733人(「第8表(2-2) 社会福祉施設等の定員・在所者数,国―都道府県―指定都市―中核市、施設の種類・経営主体の公営―私営別」)。

私立保育所の職員一人当たりの定員は5.11人。

りんごっこ保育園の定員が職員24名で定員81人、よってりんごっこ保育園の職員一人当たりの定員は3.38人。

職員の退職率は高い水準ではあるのだが、職員の総数としてはむしろ手厚い体制ではある。(なぜアンダーラインを付してあるかは「訂正」をご覧下さい)

以上、この記事の統計データの出典が厚生労働省統計表データベースであることを追記するついでに追加しておく。

再追記(2009.10.17)
厚生労働省統計表データベースは政府統計の総合窓口(e-stat)に統合されました。ここに挙げた統計データはこちらに収載されています。


訂正(2008/10/15)
アンダーラインを付した部分、元々は「職員の退職率が高いだけでも劣悪な保育環境がうかがえるのだが、職員数自体もそもそも少ないということもわかる。」という記述でありました。

しかし、コメント欄にご指摘があるまで全く気付かなかったのでありますが、職員一人当たりの定員が少ないほど手厚い体制=職員数が多いわけで、私が間違いをやっちまったわけであります。

なお、職員数についてはりんごっこ保育園のの職員数を22人としてもこの結果はそうは変わりません。

先入観を剥き出しにして数値を見るとこういう間違いをやります。

ここにお詫びするとともに、謹んで訂正させていただきます。
スポンサーサイト

プロフィール

資料屋

Author:資料屋
ブログ名変えた(2011.4.24)。落ち着かないなあ。

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。