ヘッドライン

■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■日本郵便がやってるGISで対象者が多く住む地域を絞り込むサービス、公開情報とフリーソフトでほぼ実現できます


東村山市小学校区
 上記の図は東村山市内を500mメッシュに区分、人口の多さによって塗り分けたものである。これも公開情報とフリーソフトで比較的容易に作成できる。

 日本郵便がひそかにやっていたサービスが熱い!DMのリーチ確率が上がる画期的なサービスとは? - 働き者ブログが話題になっていた。いったいどうして国勢調査のデータを単なる民間会社の日本郵便が持っているんだ、と驚きの声も上がった。が、国勢調査の町丁目ごとの集計データは総務省統計局から公開されていて、政府統計の総合窓口e-statから誰でもダウンロードできる。これをGISソフトといわれるソフトで処理すると例えば駅から500メートル以内で20代女性が多い町丁目はどこかというようなことが簡単にわかるのだ。GISソフトは非常に高いものだが、中にはフリーのソフトもあって、代表格に「QGIS」や「MANDARA」がある。QGISを使用して処理して作ったのが冒頭の図である。私でもこんなことは簡単にできるのだから日本郵便が行っているGISもそんなに特別なサービスをやっていると驚くほどのことでもない。

※注記 QGISやGISについての問い合わせを送ってこないでください!私も自分で使用するのが精一杯で、他人様に解説するほどの技術力はありませんので。
スポンサーサイト

テーマ:統計情報 - ジャンル:政治・経済

プロフィール

資料屋

Author:資料屋
ブログ名変えた(2011.4.24)。落ち着かないなあ。

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。