ヘッドライン

■生活保護シバキと同じ理屈で他の社会保障制度利用者をシバいてみたら 「利権まみれ」の市民の姿が見えてきた

 ちょっと前にこのブログで生活保護シバキと同じ理屈で保育所利用者や年金受給者をシバく企画をやった。反応は芳しいものではなかったが、その後ネットのあちこちを見るにつけ「生活保護利権」を非難する市民の皆さんもずいぶんとまあ「利権」とやらに染まってるんじゃないのと思うようになった。
 というのも、同じく100%公費で賄われている保育所利用者に対しては生活保護シバキのような苛烈なことを一切言わない。それどころか充実を求める意見ばかり。保育所に公費で預けるなら金のかかる娯楽は止めろとかただ栄養が取れればそれでいいじゃないかとかそういう意見はまったくと言っていいほど見ない。こども医療費助成制度を利用している人に対してだってジェネリックでいいだろとは言わない。同じく医療費無料なのになんなんだこの差は。もちろん保育所も生活保護もこども医療費助成も「健康で文化的な最低限度の生活」をうたった憲法25条由来の制度である。この点まったく変わることがないのだ。
 さらに年金制度についても同じことが言える。現在年金を受けている人たちは払った保険料よりも受け取る年金の方が大幅に多い受給超過状態にある。それなのにもちろん年金を現物支給にしようだとか年金でパチンコなどけしからんという意見はまったく出てこない。ちなみに受給者年金総額は60兆を超えていて、生活保護とは文字通り桁違いの財政規模である。このまま増え続ければ財政は間違いなく圧迫される。保険料の負担にしたって国民年金第3号被保険者は1円も払わずとも年金がもらえる。しかし現物支給だとかそういう話は出てこない。

 こんなのを見ているうちにだんだん生活保護叩きの理屈が突然バカバカしいものに思えてきた。自分が関係ないから僻んでいるだけじゃないか、単なるいじめだよねと。生活保護なんて俺が関係ない他人が受けるもの、俺が関係ない他人がどんな生活状態になろうと構わんが俺の金を少しでも奪うのは許さんってことだからね。これこそがまさしく利権ではないか。

 そして、そんな利権を自民党他現与党は擁護しようとしている。悲しいことですが。
スポンサーサイト

テーマ:生活保護 - ジャンル:政治・経済

プロフィール

資料屋

Author:資料屋
ブログ名変えた(2011.4.24)。落ち着かないなあ。

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム