ヘッドライン

■市議であろうと万引きをするときはする

〔2010.1.4追記〕東村山市議異状死事案に関する資料を求めてこのブログへ来られた方へ
このブログには大したものはありません。詳細な資料をお求めの方は朝木明代市議万引き被疑事件・転落死事件 まとめWikiをご覧下さい。質・量ともにはるかに豊富な情報が掲載されています。

東村山市議死亡事件というものがある(簡潔なまとめはこちら)。
この事案をめぐっては「創価学会の陰謀で殺された」という人たちとそうではないとする人たちの間で様々な論点から論争がなされている。
私はめんどくさいので全ての論点を追いかけることはしないが、今回は一つだけ取り上げる。

件の市議、死亡前に万引きの嫌疑がかけられているのだが、市議殺害説に立つ人たちの中に3羽の雀の日記によるとなんか「市議ともあろう人間が万引きするわけないだろが」なんて主張している人がいるみたいだ。
で、3羽の雀氏はこういう主張にその記事にて反論している。
そして、松沢呉一氏も自身のブログ記事の中で先に挙げた3羽の雀氏のブログ記事を紹介しつつ自らの取材経験を交えてこの手の主張に反論している。

私はひどい手抜き体質なので、当ブログでも何度か持ち出している警察庁「平成○○年の犯罪」(「犯罪統計書」と言う場合もあります)という警察統計のデータを紹介しつつ反論する。

この統計書の中には「窃盗 手口別 犯行時の職業別 検挙人員」という表がある。
で、今上がっている最新の統計書は平成18年のもので、その中の該当の表はこちら

この表を見てもらえばわかるように手口の分類の中にそのままズバリ「万引き」という項目がある。
平成18年中に万引きで検挙された「議員・知事・課長以上の公務員」は20人ほどいたりする。
やっぱりいるんですね。
まあ市議だろうと警察官や消防士や自衛官(ちなみに平成18年中に万引きで検挙された警察官・消防士・自衛官は52人)だろうと万引きをするときはするんですよ。そういうわけですから「市議だから万引きするわけない」なんて薄っぺらい先入観は捨てましょうね。

なお、平成12年のものから犯罪統計書は警察庁サイトにて公表されている(それ以前のものについては国立国会図書館や一部の大学の図書館などへ行けば閲覧可能です)。興味がある方は他の年の数値も参照されたし。

あー、そうそう、もう一つ言っておくと、警察庁「平成18年の犯罪」によれば平成18年中に検挙された万引き犯10万7123人のうち現行犯逮捕されたのは8390人、一方、「身柄不拘束」(終始身柄を拘束しなかったもの)は9万6298人。万引き犯だと逮捕される方が珍しい。こちらの表を参照。
この万引き事案の舞台になってしまった洋品店に突撃した連中の中に「現行犯逮捕されてないといけない」なんて言っていた輩もおりますが認識を改めて下さいね。
スポンサーサイト

テーマ:創価学会・公明党 - ジャンル:政治・経済

プロフィール

資料屋

Author:資料屋
ブログ名変えた(2011.4.24)。落ち着かないなあ。

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム