ヘッドライン

■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■個人情報横流しより重い罰則の違法ダウンロード、さらに児童ポルノ大量配布より著作権侵害のほうが罰則は重い

 この10月1日より著作権を侵害してアップロードされた音楽・動画ファイルをダウンロード(違法ダウンロード)することに罰則規定を課す著作権法改正がなされたが、この改正によって違法ダウンロードに課される罰則、行政機関の職員が個人情報を横流しする行為に課される罰則より重いのだ。まずは違法ダウンロードに課される罰則。著作権法第119条第3項である。

 第三十条第一項に定める私的使用の目的をもつて、有償著作物等(録音され、又は録画された著作物又は実演等(著作権又は著作隣接権の目的となつているものに限る。)であつて、有償で公衆に提供され、又は提示されているもの(その提供又は提示が著作権又は著作隣接権を侵害しないものに限る。)をいう。)の著作権又は著作隣接権を侵害する自動公衆送信(国外で行われる自動公衆送信であつて、国内で行われたとしたならば著作権又は著作隣接権の侵害となるべきものを含む。)を受信して行うデジタル方式の録音又は録画を、自らその事実を知りながら行つて著作権又は著作隣接権を侵害した者は、二年以下の懲役若しくは二百万円以下の罰金に処し、又はこれを併科する。

 非常に読みにくい文章だが、とにかく違法ダウンロードに科される罰則が「2年以下の懲役もしくは200万円以下の罰金、またはこの双方」であるということを読み取っていただければ十分である。
 次、行政機関の保有する個人情報の保護に関する法律(行政機関個人情報保護法)。国の行政機関が保有する個人情報を不当に提供した職員に対する罰則である。

第五十三条  行政機関の職員若しくは職員であった者又は第六条第二項の受託業務に従事している者若しくは従事していた者が、正当な理由がないのに、個人の秘密に属する事項が記録された第二条第四項第一号に係る個人情報ファイル(その全部又は一部を複製し、又は加工したものを含む。)を提供したときは、二年以下の懲役又は百万円以下の罰金に処する。
第五十四条  前条に規定する者が、その業務に関して知り得た保有個人情報を自己若しくは第三者の不正な利益を図る目的で提供し、又は盗用したときは、一年以下の懲役又は五十万円以下の罰金に処する。

 個人の秘密に関する個人情報ファイルを正当な理由なく提供したときにようやく2年以下の懲役か100万円以下の罰金、それ以外の場合はなんと1年以下の懲役か50万円以下の罰金にしかならない。違法ダウンロードの「2年以下の懲役もしくは200万円以下の罰金、またはこの双方」という罰則に比べてずいぶん軽い刑だ。とりあえず金銭契約でけりがつく有償著作物の違法ダウンロードと金銭契約では十分に補償され得ない個人情報の横流し、どちらが大切だと思うのだろうか。立法者は個人情報などレコード業界の利益と比べて大したことはないなどと考えているのではないか、そう思えてすらくる。
 ちなみに、著作権侵害一般は10年以下の懲役若しくは1000万円以下の罰金、またはこれらの併用だが(著作権法第119条)、これは結構重いほうに入る。他の犯罪だと例えば逮捕・監禁が7年以下の懲役だ。個人の人身の自由より著作権ということだ。さらにすごいと思うのは児童ポルノを不特定多数に配布したときの罰則が5年以下の懲役か500万円以下の罰金。他人の著作物で商売するくらいなら何も知らないこどもを騙して性的虐待して商売したほうが刑が軽いというとんでもない話だ。日本ユニセフ協会はもっと怒っていい。児童ポルノ法・行政機関個人情報保護法が軽すぎる刑を定めているのか、それとも著作権法の方が重すぎるのか。筆者は著作権の方が重すぎ、児童ポルノ・行政機関個人情報保護法はやや軽すぎではないかと考えている。
 このように刑罰の重さを比較してみると結構おかしなところがあったりする。これは刑罰を含んだ法が都度都度まちまちに制定されるからだろうと思われるが、それにしても不合理である。
スポンサーサイト

テーマ:著作権法改定について - ジャンル:政治・経済

■コメント

■とりあえずのコメントですが [春田の蛙]

Twitterのほうを読んでいて深く頷かされたので、掲示板で触れようかと思ってたところ、早速記事がUPされてたのでコメントに参りました。私も、資料屋さんのご意見に同感です。

■Re: 個人情報横流しより重い罰則の違法ダウンロード、さらに児童ポルノ大量配布より著作権侵害のほうが罰則は重い [資料屋]

>春田の蛙さん
いったいこのアンバランスさはなんなんでしょうね。ようわからん。私の個人情報は音楽ファイル一曲分よりも価値が低いと思うと嫌になりますね。何考えているんだ国会議員。少しは現行日本法規の現行法定刑一覧を調べて欲しい。国会図書館にはあるんだから。
■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

プロフィール

資料屋

Author:資料屋
ブログ名変えた(2011.4.24)。落ち着かないなあ。

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。