ヘッドライン

■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■創価学会さん、100年後にもよみたいよう

聖教新聞社が出している書籍の中でも100円やそこらで販売している小冊子、結構国会図書館に入っていない。ISBNまで振っておきながら。

国立国会図書館法第25条第1項
 前二条に規定する者以外の者は、第二十四条第一項に規定する出版物を発行したときは、前二条の規定に該当する場合を除いて、文化財の蓄積及びその利用に資するため、発行の日から三十日以内に、最良版の完全なもの一部を国立国会図書館に納入しなければならない。但し、発行者がその出版物を国立国会図書館に寄贈若しくは遺贈したとき、又は館長が特別の事由があると認めたときは、この限りでない。

明らかに創価学会の出版部門である聖教新聞社はこの条文に違反している。
入っていない本は取次を通して一般の書店に流通しないものである(2008/9/13追記:ほとんど取次通してました。下の追記参照)ところを見ると、取次を通す本については取次に言われているから納本しているだけなのだろう。

創価学会さん、100年後の読者のためにも納本お待ちしております。

やっぱりなんでしょう、後世に残されるとマズいんですかね。

補足説明
現在販売されている創価関連出版物の全容は聖教ブックサービスに詳しい。

やっつけ仕事の後始末(訂正と追記)〈2008/9/13〉
まずは訂正。
トラバもらうまで条数のミスに気づかなかった。
というわけでこっそり訂正。

追記
取次に流せば自動的に国立国会図書館(以下NDL)に納本されるわけでもないようで、版元でNDL納本用の卸値を変えた伝票を起こしているそうだ。
通常版元が取次に卸すときの価格よりも低いNDL納本価格で勝手に取次がNDLに納めるわけにもいかないだろう。
実際に、かなり有名な本でも納本されていなかったというケースはある。

というわけで、聖教新聞社側にも納本制度については周知され、そして聖教新聞社側もNDL向けの伝票を切るなりはしているはずなのだ。
しかし、取次を通さない本については納本されていない。
やっぱり取次を通す本については取次から言われるから、あるいは取次から出版情報を仕入れているNDLから言われるから納本しているだけではないか。

好意的に解釈すれば取次に流す担当者が納本も担当していて、その担当者以外は全員納本制度を知らないという可能性はある。
取次を通さない版元の出版物の納本状況はひでえ(「ひどい」ではない)ものがある(嘘だと思ったらあなたのお住まいの自治体の広報―これも納本制度の対象―のNDLでの所蔵状況を調べてみましょう)ので一概には否定できない。
あるいは納本制度の対象の解釈を誤っているか。

ただ、ISBNまで付番して、しかも結構な数の納本漏れを発生させているのだからこれら好意的な解釈はかなり苦しいと言わねばならない(わが国のISBNの総元締め、日本図書コード管理センターからも納本制度についての案内はされている)。
やはり故意に納本漏れを発生させていると言われても仕方ないのではないか。
(以上、「国立国会図書館・JAPAN/MARCの現場を歩く 国会図書館はどうやって本を集めMARCをつくっているのだろう?」『図書館とメディアの本 ず・ぼん 12』を参照。)

追記2
「青年パンフ SOKA for Youth(ISBN978-4-412-01375-9)」が取次通していないものだったから他のも取次を通さないものだろうとロクに調べないまま書き垂れた訳ですが、日販が運営する本やタウンで調べたら下に挙げたNDL未所蔵の書籍、在庫なしのものを除いて扱ってました。
つーことは取次を通しても平然と納本逃れしていたことになりますな。

なんというか、私の泥縄ぶりとやっつけ仕事ぶりも明らかになるわで私自身も火だるまになってますな。当記事については安易に鵜呑みにせずに各自裏付け調査をされた方がいいかもしれない。
構想5分調査10分執筆20分のやっつけ仕事はやはりいけませんね。
ちなみに、聖教ブックサービスにてざっと目に付いた範囲でNDL未所蔵の書籍を挙げると以下の通り(2008/9/13現在)。
希望対話(1)(ISBN4-412-01095-3)
希望対話(2)(ISBN4-412-01105-4)
希望対話(3)(ISBN4-412-01123-2)
希望対話(4)(ISBN4-412-01141-0)
希望対話(5)完(ISBN4-412-01151-8)
創価後継の太陽(ISBN4-412-01298-0)
青年パンフ SOKA for Youth(ISBN978-4-412-01375-9)
師弟の宝冠 1(ISBN978-4-412-01387-2)
師弟の宝冠 2(ISBN978-4-412-01388-9)
勇気のトップランナー(改訂版)(ISBN4-412-01297-2)
音楽文化の旗手に贈る(ISBN4-412-01266-2)

追加(2008/9/15)
以下の書籍も本日現在NDL-OPACにてヒットせず(=NDL未所蔵)。
なお、本やタウンにはすべて在庫あり。
パンフ SOKA 2007(ISBN978-4-412-01367-4)
永遠の経典[御書]に学ぶ(1)(ISBN4-412-00786-3)
永遠の経典[御書]に学ぶ(2)(ISBN4-412-00788-X)
永遠の経典[御書]に学ぶ(3)(ISBN4-412-00805-3)
法華経方便品・寿量品講義(1)(ISBN4-412-00709-X)
法華経方便品・寿量品講義(2)(ISBN4-412-00726-X)
法華経方便品・寿量品講義(3)完(ISBN4-412-00769-3)

あと、「勤行要典」にもISBNが付番されていて、しかしNDLには未所蔵であった。こちらは本やタウンでの扱いはなし。

探せばまだ未所蔵のものはあるかもしれません。全部見たわけでも無いので。
スポンサーサイト

テーマ:創価学会・公明党 - ジャンル:政治・経済

■トラックバック

■こういう批判なら歓迎

誹謗中傷は勘弁して欲しいが、こういう批判は歓迎すべきだろう。 資料屋 ◆bfim...

プロフィール

資料屋

Author:資料屋
ブログ名変えた(2011.4.24)。落ち着かないなあ。

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。