ヘッドライン

■「自民党の中長期政策体系」で切り捨てられる(かもしれない)人たち

 自民党国家戦略本部が7月20日に自民党の中長期政策体系を取りまとめた(どういうわけかコピー&ペーストができない)。これによれば思いっきり切り捨てられる(かもしれない)人々がいる。以下2つのケースについて述べる。

切り捨てられる人々1.ネトウヨ
 自民党中長期政策体系【外交・安全保障】によれば韓国に関して「韓国は、安全保障上厳しい情勢にある東アジアにおいて、民主主義、自由、法の統治等の様々な価値を共有し、我が国から最も近いところに位置する、我が国国民が最も親近感を感ずる国である」としている。ともかくも自民党はネトウヨどもの嫌韓には同調しないと言うことが明らかになった。嫌韓を主張してきた連中は見事に切り捨てられたと言っても差し支えなかろう。さんざんフジテレビなどを韓国に媚を売っているなどと批判してきた連中はどうするのだろうか。自民党本部にも抗議デモに行くのだろうか。嗚呼、合掌。

切り捨てられる(かもしれない)人々2.老人
 自民党中長期政策体系【社会保障・財政・雇用】によれば今後の社会保障は自助・共助を基本とし、政府や自治体による手当はそれらを補うものと位置づけるとしている。さらに現物給付中心の社会保障とするとしている。しかし現状は次のようであり、自民党の政策と現状は著しく乖離している。

老人の生活の支えは年金を中心とした公的社会保障が前面に出ている
 厚生労働省「平成21年国民生活基礎調査」によれば老人世帯の79.49%までが総所得に占める公的年金の割合が60%を超えている。完全に公的年金が単なる自助の補完を超えて老後の支えの前面に出ていることが見て取れる。また、医療については自費診療などが極めて少数なのは改めて論ずるまでもなかろう。それでも一応平成20年患者調査の数値を引用しておくと、75歳以上の入院患者のうち93.3%が自費診療を一切使用しておらず介護保険か医療保険を使用して入院している。外来だともっと自費の割合は減る。75歳以上の外来患者のうち一切自費診療を受けず介護保険なり医療保険なり公費負担医療によって外来診療を受けるのは98.53%である。この二つから言えることはつまり老後の生活については公的社会保障制度が前面に出ているということである。

現在の社会保障は現物給付と現金給付の二本柱となっている
 国立社会保障・人口問題研究所の「平成20年度社会保障給付費」第8表によれば同年中の社会保障給付費の58.59%が現金給付となっている。この現金給付の大部分を占めるのが年金給付で、社会保障給付費の51.93%を占めている。つまり現状は現物と現金とりわけ年金給付の二つが社会保障の大きな柱となっており、到底現物給付が中心とは言えないのだ。

 以上二点、つまり1)社会保障制度は老人の生活を前面で支えている、2)社会保障制度の現況は現金給付と現物給付の二本柱という現状は自民党が中長期政策で掲げる「自助中心、政府の公助は補完的な役割」「現物給付中心」というのと大幅に乖離しているのである。これを自民党の掲げるような形にするとしたら老人の社会保障は大幅な削減しかない。もっともこの国の財政が危機的な状況にあるので豊かな老人にはある程度の我慢をお願いしなければならないのではあるが、到底その程度では自助中心とはいえない。現物給付にしても同じで、現金給付の大部分が年金給付で占められている以上、年金の大幅削減しか現物給付中心にする道はない(もっとも現物給付の大幅増という道もあるにはあるが自助中心を唱える以上この道は採らないであろう)。すなわち大幅な老人切り捨てとなる。皆さんは本当にそれでいいのだろうか?
 えっ、老人の現状はすでに自助中心、現物中心だって?だったら子育て世帯の手当依存率をもっと高くしても「自助中心」、「現物中心」と言えるであろう。それとも老人は社会で面倒見るのが当然、子は家庭で面倒見るのが当然、それが歴史的経緯だなどというのであろうか?しかし老人にしてもかつては年金制度など存在せず家庭で面倒見るのが当然の時代もあったのだ。老人を特別扱いするのは単なるイデオロギーでしかない。

まとめ
 「自助中心」を掲げた自民党の社会保障に関する中長期政策体系は現状の老人並みに子育て世帯や障碍者への福祉を充実させるというものではない以上、自助中心を錦の御旗にした老人福祉の大幅切り捨てあるいは自助中心を老人に限って例外として優遇するかのどちらかとしか解釈のしようがない。どちらにしても選びたくない道なのは確かだ。
スポンサーサイト

テーマ:自民党 - ジャンル:政治・経済

プロフィール

資料屋

Author:資料屋
ブログ名変えた(2011.4.24)。落ち着かないなあ。

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム