ヘッドライン

■創価はついに強行突破を決めた模様です

聖教新聞は2008年5月1日付けのものより「創価学会の日記念特集」とやらで池田大作氏がこれまでに受けた受けた勲章やら名誉博士号を紙面で紹介している。

5月1日付け聖教新聞4面と5面では北米及び南米の機関から受けた顕彰を紹介、5月2日付け聖教新聞2面と3面ではアジアの機関(もちろん中国の都市や大学から受けた顕彰も紹介して能天気にも大はしゃぎ)から受けた顕彰を紹介している。

5月3日は東京富士美術館で「日中平和友好条約の締結30周年を慶祝」(同日付け聖教新聞1面)して行う大三国志展の紹介に紙面を割いているためか休み。

で、今日2008年5月4日付けの聖教新聞2面及び3面ではヨーロッパの機関から受けた顕彰を紹介している。
その3面にこんな記述が。



だから図書館入館証は顕彰じゃないだろうが
〔2010.10.16追記〕池田氏が受けたのはれっきとした顕彰でした。お詫びいたします。詳細はこちらをご参照下さい。

このことはちゃんとオックスフォード大学のサイトに明記されているぞ。

ついに創価学会本部は押し切ることにした模様ですな。

しかし、なのだ。創価信者は池田大作センセイが勲章もろうたなどと能天気にはしゃぐだけじゃなく物事を調べるというくせをつけた方がいい。
もっとも、そんなくせが付いてしまったらアンチの仲間入りしちゃうか。
スポンサーサイト

テーマ:創価学会・公明党 - ジャンル:政治・経済

プロフィール

資料屋

Author:資料屋
ブログ名変えた(2011.4.24)。落ち着かないなあ。

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム