ヘッドライン

■行動界隈はパチンコは違法賭博というがそれは間違いだ

 最近行動界隈は(特に自称桜井誠、瀬戸弘幸などが顕著)「パチンコは違法賭博」との主張を盛んにしている。そのような主張の下に街宣等も行っている。しかし、少なくとも現行法の下ではパチンコは合法と言わざるを得ない。以下素人が条文読んだだけの知識で引用を交えながら縷々説明してみる。最後に素人考えではあるがパチンコ換金違法化にはどのような規定が効果的か少しだけ触れてみる。

 刑法では賭博は犯罪とされている。次の条文の通りである。

 (賭博)
第百八十五条  賭博をした者は、五十万円以下の罰金又は科料に処する。ただし、一時の娯楽に供する物を賭けたにとどまるときは、この限りでない。
 (常習賭博及び賭博場開張等図利)
第百八十六条  常習として賭博をした者は、三年以下の懲役に処する。
2  賭博場を開張し、又は博徒を結合して利益を図った者は、三月以上五年以下の懲役に処する。
 (富くじ発売等)
第百八十七条  富くじを発売した者は、二年以下の懲役又は百五十万円以下の罰金に処する。
2  富くじ発売の取次ぎをした者は、一年以下の懲役又は百万円以下の罰金に処する。
3  前二項に規定するもののほか、富くじを授受した者は、二十万円以下の罰金又は科料に処する。

 このように、賭博は明確に犯罪とされている。従って料金を支払って遊戯をし、その結果によって景品を提供するパチンコ店はこの賭博罪に当たりそうなものである。しかし風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律(以下風営法と略す)に次の条文がある。

 (遊技料金等の規制)
第十九条  第二条第一項第七号の営業を営む風俗営業者は、国家公安委員会規則で定める遊技料金、賞品の提供方法及び賞品の価格の最高限度(まあじやん屋を営む風俗営業者にあつては、遊技料金)に関する基準に従い、その営業を営まなければならない。
(なお、第二条第一項第七号は「まあじやん屋、ぱちんこ屋その他設備を設けて客に射幸心をそそるおそれのある遊技をさせる営業」である。)

  このように風営法はパチンコ店に景品の提供を認めているのだ。再び刑法。

 (正当行為)
第三十五条  法令又は正当な業務による行為は、罰しない。

 パチンコ店が景品を提供するのはまさに風営法という「法令…による行為」である。従って犯罪とならないのだ(なお、刑法総則で「罰しない」と書いてあるのは犯罪とならないという意味であって単に刑を免除するのみという趣旨ではないので念のため)。
 ここまでのまとめ。パチンコ店は景品の提供を風営法によって認められており、風営法で認められている以上刑法上も35条の正当業務行為として罰しない、犯罪としないことになっている。
 そして、そうやって提供された景品を自分で消費しようと古物商に売却しようとまったくの自由である。景品を売却してはならないという規定はどこにもない。よくパチンコ店の近くにある景品交換所はこの「古物商」。単に古物を買い取っているだけなのだ。その古物商は景品問屋に景品を売却、その後景品問屋がパチンコ店に景品を卸している。景品をどこから調達しなくてはならないという規定もないからものの見事に合法である。もっとも換金を目的とした「特殊景品」は市場価値がまったくなくもっぱらその古物商でしか買い取ってもらえないのだから風営法で提供が禁止されている現金や有価証券を事実上提供しているようなものだとの批判はあって、これに応えて都内では金景品が導入されている。この金景品はそれなりの市場価値があって、一般の古物商であっても買い取る価値があるものだ。実際、一時金相場の高騰によって景品交換所に持ち込むより一般の貴金属店に持ち込んだほうが高く買い取ってもらえる現象が発生し、あわてて景品交換所は引き取り価格を引き上げたということも過去にはあった。
 なお、パチンコ店が直接景品を買い取ることは結局現金を提供しているのと同じであるから風営法で明文で禁止していて2009年中には景品を直接買い取ったパチンコ店が検挙された事案が1件あった(警察庁「平成21年の犯罪」)
 このようにパチンコ店が提供した景品を換金することも合法という結論になる。景品も合法、換金も合法というわけだ。しかし次のような疑問をもたれる方もいるかもしれない。「パチンコ店以外の店が同じことをやれば即検挙ではないか」と。しかし、先に挙げた風営法の規定はパチンコ店にのみ景品の提供を認めていたことを思い出してほしい。景品の提供がパチンコ店のみに認められている以上同じようなことを他の業界で行えば当然違法となる。

 そういうわけでパチンコ店は法の枠内で営業していることはお分かりいただけたであろう。したがってパチンコ店の換金を問題にするなら法改正を主張すべきで、違法であることを主張しても無意味なのだ。最後にどのように法改正すれば換金をしにくくなるかちょっと触れておく。割と簡単で、パチンコ店が提供できる景品を食品に限ってしまえばいいのだ。こうすることによって換金は格段にやりにくくなる。これは国家公安委員会規則の改正で実現できそうである。もっともそのような法改正をすべきかどうか、そのような法改正によって業界や客がどのように行動を変えるかについて私には知識がないのでその点については賢明な皆さんの判断に委ねよう。

〔2011.6.29追記〕
 はてブで何でバカラやらが同じことやれば即検挙なのかとコメントを頂いたがこれは「風営法で景品出せるのはパチンコ店に限られている」これに尽きる。従ってゲームセンターなどが遊戯の結果に応じて景品を出すのは違法となる。しかし面白いことにクレーンゲームについては景品の価格がおおむね800円以内なら違法とは取り扱わないと警察庁から通知が出ている(「風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律等の解釈運用基準について」平成14年警察庁丙生環発第4号、丙少発第3号警察庁生活安全局長通知)。あくまでも警察内部の取り扱いを示したものであるから裁判所に持ち込まれればどのように判断されるかはわからない。もっとも、最近のゲームセンターは親切でわざわざ目当ての景品を取りやすいように置き換えてくれたりして、事実上ちょっと凝った自動販売機と化しているのでそれほどおかしな取り扱いではないかもしれない。

〔2011.6.29追記2〕
 パチンコを問題にするときなんで違法でなければならないのだろうか。違法でなくてもこういう弊害があるから法改正をして違法化してくれという主張のやり方もあるはずだ。
スポンサーサイト

テーマ:カジノとパチンコ - ジャンル:政治・経済

プロフィール

資料屋

Author:資料屋
ブログ名変えた(2011.4.24)。落ち着かないなあ。

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム