ヘッドライン

■「ネットde真実」な方々を嘲ってみる

 今回の記事はいわゆる「ネットde真実」な方々を嘲ってみる。本当にそれだけ。新しい情報は何もない。…これだけ予告しておけば大丈夫であろう。さてさて「ネットde真実」な方々は過去さまざまなデマを流してきた。このブログでもその一部を取り上げ間違いだと指摘してきたが今回はそのまとめをしてみようではないかと考えたわけだ。それらのデマはあまりにもレベルが低すぎるデマなのでまとめがてら嘲うこともする。なお、それらのデマには書いていた人間・拡散しようとした人間を指し示しているがこれは私の目に付いた者を恣意的に挙げただけに過ぎないので「拡散」の首謀者であることを示すものではない。。おまけとして最後の方で「ネットde真実」な方々が必死に「拡散」に勤しむ姿を垣間見ようと思う。

【デマ・1】2010年参院選で山梨県の無効票が多かった、これは輿石東の陰謀だ(瀬戸弘幸ほか多数)
 これはこのブログの今回の参院選で「山梨の無効票が多すぎる」と息巻く皆さんへで検証したとおり。総務省のサイトにあるデータをエクセルなりcalcなりに突っ込んで計算すればすぐさま間違いだとわかる。それもやらずに陰謀陰謀と騒ぐわけである。「山梨県 参院選 無効票」でググると陰謀陰謀と騒ぐブログやらが山ほど出てくる。

【デマ・2】民主党本部周辺でのデモがついに禁止された、民主党政権の弾圧政策が始まった(二階堂.comほか多数)
 これも民主党本部周辺でのデモが禁止された、言論弾圧だと大騒ぎしているが自民党本部周辺も指定済で検証した通り。政党と名のつくところはおよそ全てこの指定を受けている。自民党も公明党も共産党も社民党も全てである。これは検証がちょっと難しかったかもしれない。大き目の図書館に行って官報の検索をしないとわからない事柄であるから。これもまたググると山ほど騒いでいるブログが見つかる。うんざりするので勝手にググってください。

【デマ・3】日本の幼児死亡率は中国産ベビーフードのせいで世界最悪(水間政憲ほか多数。なおこのデマの発信源は間違いなく水間政憲)
 水間政憲氏が次の動画で言っていたことである。

 これも水間氏は「日本の幼児死亡率世界最悪」というが幼児死亡率を国際比較したら日本は先進国最悪ですらなかったで検証した。まともに考えれば世界最悪なんか絶対にありえないとわかりそうなものなのだがそれでもかなりの方々がブログでお書きになっていらっしゃる。このネタは調べる以前にまず絶対にありえないとわかるだろ。義務教育レベルの英語力も持たない方々がWHOのデータベースにあたることもせずにせっせとばら撒いていらっしゃるご様子で。なお、このデマを検証したエントリのコメントではみんな「主要先進国」と勝手に自主的に読み替えてあげて世界最悪だと言ったことは優しくスルーしてあげている心の広さ。

【デマ・4】子ども手当法の成立を内閣法制局が止めてくれている(「しまねこ」ほか多数)
 これはこのブログでは検証してなかったネタ。しまねこ氏のブログ「たわわの国から~しまねこが行く」にある内閣法制局に応援メールをというエントリにあったネタ。もともとは2ちゃんねるあたりが発祥のようだ。内容は子ども手当法案が国会を通ったが内閣法制局ががんばって止めてくれている、内閣法制局に応援メールをと言うもの。これも結構多くのブログが書いていたりtwitter上で拡散されたりした。ググると山ほどツイートが見つかる。もうこれは言うまでもないわな。法案は国会を通ったら法律になる。内閣法制局に止める権限などない。これは義務教育レベルの常識である。小学校でも中学校でも学ぶはずの常識である。こんな義務教育レベルの常識すら知らないで拡散拡散騒ぐのはやはり日教組が推進したゆとり教育のせいで、ネットde真実な方々が日教組をあれほど嫌うのは自分達が日教組のせいでバカになったと恨んでいるためなのだろうか。(これちょっとイヤミ入ってます)
 なお、現行学習指導要領(移行期に入っていますが1998年に告示されたもののことです)の社会の章には次のようにある。

地方自治の基本的な考え方について理解させる。その際,地方公共団体の政治の仕組みについて理解させるとともに,住民の権利や義務に関連させて,地方自治の発展に寄与しようとする住民としての自治意識の基礎を育てる。また,国会を中心とする我が国の民主政治の仕組みのあらましや政党の役割を理解させ,議会制民主主義の意義について考えさせるとともに,多数決の原理とその運用の在り方について理解を深める。さらに,法に基づく公正な裁判の保障があることについて理解させるとともに,民主政治を推進するためには,公正な世論の形成と国民の政治参加が大切であることに気付かせる。その際,選挙の意義について考えさせる。

 内容の取り扱いの細目は次のように記載されている。

「地方公共団体の政治の仕組み」については,細かな事柄は取り扱わないようにし,基本的な内容の理解にとどめること。また,「国会を中心とする我が国の民主政治の仕組みのあらまし」については,議会制民主主義の意義,議院内閣制の仕組み,国民の権利・義務を保障し社会の秩序を維持するための裁判の働きなどの基本的な理解にとどめ,国会,内閣,裁判所の細かな組織や働きについて深入りしないこと。

 このように法律が作られるまでについてはしっかり義務教育で扱っていることがわかる。

 以上、「ネットde真実」な方々がせっせとばら撒くデマのごくごく一部について取り上げ、検証してみた。嘲笑は控えめになったつもりである。

おまけ
 ネットde真実な方々がネット工作に勤しむご様子が垣間見える画像をfut573さんから教えていただいたのでここでも紹介しよう。以下三点である。
「2chを憂国の叫びで埋め尽くす会」
http://livedoor.2.blogimg.jp/googleyoutube/imgs/c/a/cafe8b04.jpg
「"Yahoo!みんなの政治"を監視」
http://livedoor.2.blogimg.jp/googleyoutube/imgs/1/4/14711357.jpg
「ニコ動時報部隊」
http://livedoor.2.blogimg.jp/googleyoutube/imgs/d/3/d319bd08.jpg
 fut573さんに言わせれば間違いだと知っていながらわざとやってる連中もいるとのことだが私はそんなこと知ったことではない。義務教育レベルの常識すら知らない、バーカバーカと嘲うだけである。
 左側に用意したリンク集を活用してもらえば少しはこういうデマに引っかかることもなくなるのであろうが。

おまけ2〔2011.5.31〕
 忘れていたがここで取り上げたデマを流していた者の一人、瀬戸弘幸もネット工作に勤しんでいた。2ちゃんねるは憂国の戦場という記事がそれだ。瀬戸弘幸自ら2ちゃんねるのスレッドを指定してネット工作を呼びかけ、さらに自らも「我々は「反日勢力」を完膚なきまでに撃滅する考えです。」などと書いていた。
スポンサーサイト

テーマ:「ネット右翼」 - ジャンル:政治・経済

プロフィール

資料屋

Author:資料屋
ブログ名変えた(2011.4.24)。落ち着かないなあ。

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム