ヘッドライン

■福島第一原発周辺の退避範囲を東京圏、関西圏に重ねたらその範囲の広さに改めて驚いた

 福島第一原発の事故に伴い同原発から20キロ圏内には警戒区域の指定が、20キロから30キロ圏内には緊急時避難準備区域の設定がなされている。この20キロ圏内だとか30キロ圏内とは東京で言えばどのくらいになるのか「なんちゃって☆めも」にある「マウスクリックで地図上の任意の点を中心に、設定した半径の円を描く。」というAPIを使って描いてみた。
国会議事堂からの半径20キロ圏と30キロ圏
 なお、500mメッシュ人口との重ね合わせを行った地図も示しておく。
東京都心からの距離帯
 これを見ると20キロ圏、30キロ圏というのはかなり広い範囲になるのがわかる。国会議事堂から20キロ圏ですら一都三県にまたがっている。23区はすっぽり20キロ圏内入り、市川市や松戸市、調布市まで20キロ圏内に入っている。23区全域避難、隣接市もまた避難となればおそらくはとてつもない規模の避難になるだろう。これが福島県内で実際に行われていることなのだ。ただ人口密度が小さいためにインパクトもまた小さいだけである。30キロ圏内になるともっと広く、千葉市やさいたま市、横浜市の一部すらも入ってくる。袖ヶ浦市がギリギリで30キロ圏外になる。私は福島県内の30キロ圏内と言っても大したことないように思えてしまうのだが、こうして首都圏に重ねてみるとものすごく広大な範囲であることを実感した。なお、もう一つのバージョンとして大阪市役所から20キロ、30キロ圏内はどうなるかも描いてある。
大阪市役所からの半径20キロ圏と30キロ圏
 こちらも500mメッシュ人口との重ねあわせを行った地図を示しておく。
大阪都心からの距離帯

 大阪市役所からの半径20キロ圏内には生駒市や川西市、芦屋市といったところがおさまる。一府二県にまたがっている。これだけでも衝撃的だが「計画的避難区域」「緊急時避難準備区域」〔2011.5.3訂正〕の30キロ圏内となると神戸市や奈良市、さらには長岡京市まで入ってくるのだ。二府二県にまたがっているのだ。こうしてみると原発事故というのはかなり広大な範囲に影響をもたらすことがわかる。
スポンサーサイト

テーマ:原発事故 - ジャンル:ニュース

プロフィール

資料屋

Author:資料屋
ブログ名変えた(2011.4.24)。落ち着かないなあ。

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム