ヘッドライン

■で、止まってる火力発電所の発電能力ってどれくらいなのよ

 現在、東電管内では電力需給が非常に厳しい状態になっている。福島の原発が止まっているのと火力発電所が止まっているためである。この止まっている火力発電所はどれくらい発電能力があるのか調べてみた。なお、ソースは東京電力発行「あなたと電気を結ぶ電力設備 平成14年度版」である。停止している火力発電所は3月16日付けの東電プレスリリースによる。
●広野火力発電所
 2号機 70万kW
 4号機 115万4700kW
●常陸那珂火力発電所
 平成14年時点では建設中であったため不明。ただしwikipediaによれば1号機の出力は100万kWとのことである。
●鹿島火力発電所
 2号機 70万kW
 3号機 70万kW
 5号機 115万4700kW
 6号機 115万4700kW
●大井火力発電所
 2号機 44万8000kW
●東扇島火力発電所
 1号機 115万4700kW
総合計で716万6800kWとなる。今日(3/16)現在の東電の供給力は3300万kW。火力発電所が全部復旧すれば4000万kWを超える供給力となる。とりあえず東扇島と大井にはがんばってもらいたい。
スポンサーサイト

テーマ:東北地方太平洋沖地震 - ジャンル:ニュース

プロフィール

資料屋

Author:資料屋
ブログ名変えた(2011.4.24)。落ち着かないなあ。

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム