ヘッドライン

■実は消す気などさらさらない「名誉館友」

あけましておめでとうございます。皆さんは新春をどのようにお迎えになられたでしょうか。
実は、ワタクシ、一応学会員でして、聖教新聞も購読しております。
やはり元日の新聞はたとえ聖教新聞といえども紙面の構成を見るだけで新年を迎えたという清々しさを感じます。
さて、お雑煮をつつきつつ先生からの年賀状を見てみますと、池田先生の素晴らしい功績が大きな記事となっております。
そういえば今年は池田先生が80歳を迎えるという記念すべき年でした。
時事ニュースも一切掲載されておらず、このあたり正月くらいは浮き世の憂さを忘れようという先生の暖かい配慮を感じることができます。
間違っても手抜きなどとは思ってはいけません。
さて、元日の聖教新聞は2部構成となっておりまして、このあたりもまた、新年を迎えたことを実感させてくれるものです。
その本日付聖教新聞第2部一面を見ますと、なんとあの「終身名誉館友」が登場しております。しかも、見出しによれば「終身名誉館友に就任」だそうで。この記事、全面を使って取り上げております。
(写真及びそれに付されたキャプションは聖教新聞社サイト内で閲覧できます。こちら

これを見ておりますと、池田センセイの「功績」を探すためにわざわざ古い聖教新聞をめくりに国会図書館くんだりへ出かけて行かずともいいようにという先生の暖かいご配慮を実感させてくれます。

みなさーん、注目ー。新年早々顕彰詐称ですよー(^O^)/

もう一度書いておく。オックスフォード大学ボードリアン図書館名誉館友とは単なる部外者図書館利用証だ。
〔2010.10.16追記〕池田氏が受けたのはれっきとした顕彰でした。お詫びいたします。詳細はこちらをご参照下さい。

いや、本当に雑煮吹いたぞ。どうしてくれるんだ。

前スレ

887 :名無しさん@お腹いっぱい。 :sage :2007/12/08(土) 15:01:38 ID:???
信者を騙した決定的な証拠か。楽しみだ。1月2日の先生への最高のお誕生日祝いだな。

888 :政教分離名無しさん :2007/12/08(土) 15:12:59 ID:vwAN1GYM
聖教新聞で、また、無かったことになる記事が増えるのか?w

このような発言があったが、どうやら取り越し苦労だったようだ。
Webから消したのはあくまでも外部向けの対策であって、信者にはまだまだ自慢を続ける気が満々のご様子。
無かったことにする気などさらさらない。
国会図書館くんだりへ行かずとも次から次へとボロを出してくれるのだから手間は確かに省けるが。
一旦は消し去ったということで、さすがの創価でも少しは恥という感覚があると思った自分は甘かった。

指摘されていてもまだまだ顕彰扱いで聖教に載せるなんていうのはもう呆れかえるほかない。
しかも新年早々。

この記事は今年も一年間信者を騙し続けるという意思表明だろ

まさしく、一年の計は元旦にあり。

それでも、こんな記事を載せたら脱会者が激増するのではないかと老婆心ながら心配してしまうのだが、学会は信者への情報管理はしっかりしているので問題ないと考えているのだろう。
信者がいかにマインドコントロールされているかもわかるというものだ。
フランス政府がセクトとして指定したのもうなずける。

というわけで、池田センセイのご自慢はまだまだ続きそうだ。
すべては信者が出した財務のおかげなのだが。


ところで、捏造だなどと叫んでいた学会員はこの記事を見たときにどんな反応するだろうか。楽しみだ。
追記(2008/4/4)
こちらにも書きましたが、記事に付された写真及びキャプションが聖教新聞社サイトにて閲覧可能です。
追記2
聖教新聞社サイトから問題の記事が削除される気配がないため、引用よりもリンクにて取り上げるべしという立場に立ち一旦紙面の画像は削除します。どうぞご理解を。
スポンサーサイト

テーマ:創価学会・公明党 - ジャンル:政治・経済

プロフィール

資料屋

Author:資料屋
ブログ名変えた(2011.4.24)。落ち着かないなあ。

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム