■2014年04月
ヘッドライン

■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■金子勝氏「削除された、隠蔽だ」→URLが変わっただけでした

 慶應義塾大学教授の金子勝氏が次のようなことをツイートしていた。
 ここで金子勝氏が言っているのは2006年12月22日に当時の安倍内閣が衆議院に提出した答弁書である。この答弁書には原子炉の全電源喪失などという事象は起こり得ないという見解が示されている。この答弁自体今となっては非常にむなしいものであるが。
 さて、かつてこの答弁書が掲載されていた衆議院のサイト内のURLをクリックするとエラーページが返ってきた。これをもって金子勝氏は隠蔽だ、情報隠しだと騒いでいるが、衆議院のサイトがリニューアルしたことによりURLが変わっただけである。http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_shitsumon.nsf/html/shitsumon/b165256.htmをクリックするとちゃんと当該の答弁書が掲載されている。金子氏は一体何を騒いでいるのだろうか。
スポンサーサイト

テーマ:国会 - ジャンル:政治・経済

■【超特大ブーメラン】入学式を欠席した高校教師を非難する江野幸一埼玉県議、県議会本会議を欠席していた【追記あり】

 埼玉県議の江野幸一氏(刷新の会・東松山市選出)議員が「新入生の担任を持った高校教員が自らの子の入学式に出席する為に入学式に有休取るなどけしからん、倫理観やモラルはどうなってるんだ」と教員を非難して批判が殺到する騒ぎが起きていた(現在も継続中か)。この騒ぎの中で有志によって江野幸一議員が実は市民病院についての有識者会議を初回から欠席していたことが発見された。これだけでもブーメランなのだが、さらに超特大のブーメランを発見した。なんと、江野幸一氏の本業である県議としての務めのひとつである県議会本会議に欠席していたのだ。
 埼玉県議会の会議録検索システムから各定例会の会議録を一つ一つ見ていったところ、2013年6月19日と翌20日の本会議に欠席していた。「責任感や倫理観、モラルとはどうなっているのでしょうか?」「仕事がある故、生活が成り立っている旨の思いはないのでしょうか?」と、痛烈な批判を浴びせているが、そのままそっくり自分に返ってくることになる。
 また、同じ会派の中屋敷慎一氏(刷新の会・鴻巣市選出)は件の教員に対して「残念の極み❗️教師としての矜恃は何処へ忘れてきてしまったのでしょうか?」「徹底究明しなければならないのではないでしょうか?」などとコメントしているが、そんなことをする前に江野幸一氏の本会議欠席について県議としての矜持をどこかに忘れてきたと考えられるからなぜそんなことになったのか会派として徹底究明したほうがよろしい。

 …もちろん、私はそんなことは本気では言いませんよ、江野幸一氏にも本会議を欠席しなければならないそれなりの事情というのがあったのでしょうよ。しかしそれは入学式に休暇を取らなければならなかった高校教師も同じではなかろうか。自らについては大甘なのに他人を責めるってのは県議としてどうなのだろうか。

〔2014.4.20追記〕
 江野幸一議員が2013年6月に2回県議会本会議を欠席したのは身内の葬儀だと情報提供をいただいているしはてブでもコメントをいただいている。しかし、江野幸一氏の言い分をそのまま受け取るならたかが葬儀くらいで本会議を欠席するのは何事かということになる。火葬だけ済ませてあとから告別式をやったらいいのだ。それが氏の言う「責任感や倫理観、モラル」とやらではなかろうか。故人と人並みの別れをしたいなどという「権利ばかり言う県議はいらないのではないのでしょうか?」。身内との別れもそこそこに公のために県議会に出席することこそが「県議としての矜恃」ではなかろうか。ことごとくブーメランなのである。
 もちろん、私はそんなことは言いませんよ?公務よりも身内との別れを優先したかったというのは当然のことであろう。そう、人には事情があるのだ。それは今回江野幸一氏がつるし上げた高校教師だってまったく同じなのだ。

テーマ:失言問題 - ジャンル:政治・経済

■日本郵便がやってるGISで対象者が多く住む地域を絞り込むサービス、公開情報とフリーソフトでほぼ実現できます


東村山市小学校区
 上記の図は東村山市内を500mメッシュに区分、人口の多さによって塗り分けたものである。これも公開情報とフリーソフトで比較的容易に作成できる。

 日本郵便がひそかにやっていたサービスが熱い!DMのリーチ確率が上がる画期的なサービスとは? - 働き者ブログが話題になっていた。いったいどうして国勢調査のデータを単なる民間会社の日本郵便が持っているんだ、と驚きの声も上がった。が、国勢調査の町丁目ごとの集計データは総務省統計局から公開されていて、政府統計の総合窓口e-statから誰でもダウンロードできる。これをGISソフトといわれるソフトで処理すると例えば駅から500メートル以内で20代女性が多い町丁目はどこかというようなことが簡単にわかるのだ。GISソフトは非常に高いものだが、中にはフリーのソフトもあって、代表格に「QGIS」や「MANDARA」がある。QGISを使用して処理して作ったのが冒頭の図である。私でもこんなことは簡単にできるのだから日本郵便が行っているGISもそんなに特別なサービスをやっていると驚くほどのことでもない。

※注記 QGISやGISについての問い合わせを送ってこないでください!私も自分で使用するのが精一杯で、他人様に解説するほどの技術力はありませんので。

テーマ:統計情報 - ジャンル:政治・経済

■東京人権啓発企業連絡会、「江戸しぐさ」をプッシュする

 たまたま東京人権啓発企業連絡会のサイト「ひろげよう人権」を開いたらびっくりした。トピックスのところに越川禮子氏による「~江戸しぐさに学ぶ~『あなたが傘をかしげるとき』」なる文章が寄稿されていたからだ。さらにさらに検索を進めていくと「第29回 同和問題に取り組む全国企業連絡会全国集会」部落解放同盟中央本部中央執行委員長挨拶のあとに(ここ重要)越川禮子氏と桐山勝氏を招いて江戸しぐさの講演をやっちゃっている。
 この江戸しぐさ、後世の創作ではないかという疑いがきわめて強い上に主張している内容も保守的な価値観を反映したもので、どう考えても人権啓発を謳う団体が推せるものでもないのだ。例えば「逆らいしぐさ」。これはかいつまんで言えば年長者の言うことには何が何でも逆らわないというものだが、「刷り込みチェックシート」の中で「長いものに巻かれる自分を生活の中で感じることがある。」や「人と接するときに、肩書きに弱い。」などといった項目をステレオタイプや偏見と断じていることと矛盾する。もうひとつ、「うかつあやまり」。被害者側も自分がうかつでしたと謝る事が粋なんだとかどうとか主張しているものだが、これまた現代の人権意識にはそぐわない。挙句の果てに江戸しぐさができない者は田舎者と思われてスリに遭ったなどと授業で教える教員もいるようだが、とことんまでに長いものに巻かれましょうと言わんばかりの内容である。こんなものを部落解放同盟まで看過しているとは嘆かわしい限りである。

参考
江戸しぐさについての説明はWikipediaの該当ページが端的でわかりやすい。本当に由来すらいい加減かつ到底信頼できないような代物なのだ(例を挙げておくと、江戸しぐさは江戸商人の秘伝であったと言うのが提唱者たちの主張であるが、なんでそんな秘伝が江戸町人皆に知れているのやら)。

プロフィール

資料屋

Author:資料屋
ブログ名変えた(2011.4.24)。落ち着かないなあ。

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。