■2011年06月
ヘッドライン

■池田大作がもらった顕彰をまとめてみようと思った

 ふと思い立って聖教新聞に掲載された池田大作が受けた顕彰をまとめてみようと思った。これはかなりの数に上るので一度にまとめるのは不可能だ。よって漸進的にまとめていくこととする。基本的に3ヶ月ごとに一つのエントリーとし、そのなかに池田大作が受けた顕彰についての基本的な事項をつらつら並べていくこととする。これらのエントリーは「池田大作の顕彰」というカテゴリーの下にまとめる。
まとめる項目は以下の通り。
・聖教掲載年月日
・受賞年月日
・国名
・授与機関名
・授与機関種別
 当面は以下のように分類する。
 ・中央政府 そのままですね。
 ・地方政府 州、連邦構成共和国、市町村、県など。
 ・国会 中央の議会
 ・地方議会 州議会、市議会など
 ・国立大学 中央政府が直接設置、管理している大学
 ・地方政府立大学 州や市町村、県などが設置、管理している大学
 ・私立大学 私立の大学
 ・主体不明の大学 設置主体が明らかでないもの。なお、これらの区分はwikipediaなどを参照して行うので間違いがある可能性を否定できないので注意されたし。
 ・その他の学術機関 大学以外の学術機関のこと
 ・地方議員団体 地方議員の団体
 ・国会議員団体 中央の議会の議員団体
 ・地方議員
 ・国会議員
 ・団体
 ・個人
 ・企業
 ・その他の機関
・授与顕彰 当面は以下の区別とする。
 ・名誉教授 名誉○○教授、終身名誉○○教授もこの分類。
 ・名誉博士 名誉○○博士、終身名誉○○博士もこの分類。
 ・勲章 いわゆる勲章のこと。
 ・記念日 ダイサク・イケダの日などといった類のものがこれに含まれる。
 ・地名 ダイサク・イケダ通りなどと地名を付けられたようなものがこれに含まれる。
 ・記念碑 ダイサク・イケダ記念碑など。
 ・名誉住民 名誉市民など。
 ・その他の学術称号 名誉学術称号で他のどれにも当てはまらないもの。
 ・その他の称号 名誉称号で他のどれにも当てはまらないもの。
・授与顕彰名
・聖教掲載面
・聖教掲載ページ数
・特記事項 特記事項がある場合のみ。
 なお、どのエントリに記載するかは第一報が聖教に掲載された日を基準とする。また、ブログのエントリにまとめるほかodbファイルとしてgoogleドキュメントにアップし集計等の便を図る。こちらからお使いいただきたい。なおodbファイルを取り扱うにはLibreOfficeあるいはOpenOffice.orgのいずれかが必要になるのでインストールしていただきたい。どちらもオープンソースなソフトなので誰でも無料で使用可能である。現在創価学会公式サイトにある名誉学術称号のリストを入力中であり、入力作業が終了し次第暫定公開の予定である。
 単なるリストだけではなくどの国からもらっているかなどと言った集計表も作成、公開する、集計表を掲載したエントリーも独立のカテゴリーとする。コメント欄で要望をいただければオーダーメイド集計にも応じる。まずは2011年6月の分を暫定公開する。

〔2011.7.17〕
 カテゴリ分けを訂正。
スポンサーサイト

テーマ:創価学会・公明党 - ジャンル:政治・経済

■池田の名誉学術称号を集計してみた

 創価学会公式サイトにある池田が受賞したという名誉学術称号を集計してみた。集計に使用したデータベースはodf形式でGoogleドキュメントにアップロードしたので自分なりの集計をしたい人などはお使いいただきたい。もちろんCC-BY-SA下に置くのでCC-BY-SAに従って自由に利用してほしい。以下注意。
凡例
1.地域区分は概ね外務省のものに従った。
2.先進国、途上国の区分はCIA「The World Factbook」によった。なお、表1及び表3で用いている「地域」とは香港、マカオなど一定の独立性はあるが国家として完全に独立していない地域を総称したものである。
3.地方政府立大学とは州、県、市などが維持管理する大学、国立大学とは中央政府が維持管理する大学である。この両者の区分は資料の限界から厳密には行えていないことをご了解いただきたい。
4.集計は2011年6月24日現在で行った。
5.授与機関の英称は創価大学公式サイトの表記に従った。
6.キリスト教圏、非キリスト教圏の区別はキリスト教徒の割合が50%を超えるか否かによって区分した。なお各国のキリスト教徒の割合についてはCIA「The World Factbook」によった。
 なお、odb形式のファイルを取り扱うにはLibreOfficeあるいはOpenOffice.orgのいずれかが必要になるのでインストールしていただきたい。どちらもオープンソースなソフトなので誰でも無料で使用可能である。

表1-1 地域別及び先進国・途上国別受賞数(その1)
受賞年アジアオセアニア
先進国地域途上国先進国地域途上国
197500000000
198100000000
198400220000
198700000000
199000110000
199101120000
199210120000
199300110000
199400330000
199501120000
199610230000
199700660000
199820460000
199910560000
20001114161012
20012013150101
20022016180000
200320570000
20042010120000
200500990101
20061111130000
2007209110000
20083013160000
20093114180000
20104019230000
201102240000
合計2771621961214

表1-2 地域別及び先進国・途上国別受賞数(その2)
受賞年ヨーロッパ中東中米南アメリカ
先進国途上国途上国地域途上国途上国
197501100000
198101100001
198400000000
198700000110
199000000002
199100000001
199201100000
199300000008
199421300000
199500000000
199601100110
199700000000
199801100005
199900000006
200002200113
200100001010
200202200110
200300000003
200402210003
200503300003
200602200001
200714500007
200801100112
200921300005
201001100006
201100000000
合計52429115656

表1-3 地域別及び先進国・途上国別受賞数(その3)
受賞年北アメリカアフリカ合計
先進国地域途上国先進国地域途上国
197500000011
198100000022
198400000022
198700000011
199000000033
199100000123
199200011034
199300000099
199400002046
199500010123
199610112057
199700000066
19980000201012
19990000101112
20002130422127
20010000221317
20021011302023
2003101030811
20041010301619
20050000011516
20062020311418
20071010402024
20080000301720
20090000512026
20103140712634
201100000224
合計1221444512253310

表2-1 国別名誉学術称号受賞数(受賞数が多い国11ヶ国分)(その1)
受賞年中国ブラジルフィリピンロシア韓国アメリカインドアルゼンチン
197500010000
198100000000
198420000000
198700000000
199010000001
199100100001
199210000000
199313000003
199430010000
199500000000
199620010100
199730100000
199822112011
199940001003
200070120231
200190102010
2002100112120
200340001110
200461121110
200551110010
200671211210
200773141100
200872410000
200993112000
2010133201200
201110000000
合計10419181714111110

表2-2 国別名誉学術称号受賞数(受賞数が多い国11ヶ国分)(その2)
受賞年台湾ペルーモンゴルその他合計
197500001
198101012
198400002
198700011
199000013
199100013
199200034
199300029
199400026
199500033
199600037
199700116
1998020012
1999020212
2000002927
2001001317
2002001523
2003120111
2004101419
2005011516
2006000318
2007111424
2008301220
2009100926
20103001034
201100034
合計109978310

表3-1 先進国・途上国別機関別受賞数(その1)
受賞年先進国地域
国立大学私立大学地方政府立大学国立大学私立大学地方政府立大学
197500000000
198100000000
198400000000
198700000000
199000000000
199100000011
199200110000
199300000000
199420020000
199500001001
199611020000
199700000000
199802020000
199910010000
200000440112
200111020112
200203030000
200303030000
200411130000
200500000011
200601230011
200702240000
200812030000
200922150011
201031370011
201100000022
合計1219144512912

表3-2 先進国・途上国別機関別受賞数(その2)
受賞年途上国
学術機関国立大学私立大学主体不明の大学団体地方政府立大学中央政府
197501000001
198102000002
198402000002
198700000101
199003000003
199101100002
199212000003
199307100109
199412100004
199502000002
199605000005
199703100206
1998113014010
1999082001011
20003142101021
2001131206013
2002383105020
200304100308
2004153006116
2005292002015
2006091004014
20072104004020
2008062009017
2009163109020
20103741011026
201111000002
合計201213561691253

表3-3 先進国・途上国別機関別受賞数(その3)
受賞年先進国・途上国計
学術機関国立大学私立大学主体不明の大学団体地方政府立大学中央政府合計
197501000001
198102000002
198402000002
198700000101
199003000003
199101100103
199212000104
199307100109
199414100006
199503000003
199606100007
199703100206
1998115014012
1999092001012
20003143106027
2001143207017
2002386105023
2003044003011
2004164007119
2005292003016
2006092007018
20072106006024
2008074009020
20091851011026
201031051015034
201111000204
合計201345661921310

表4-1 キリスト教圏・非キリスト教圏の別 受賞数(その1)
受賞年アジアアフリカオセアニアヨーロッパ中東中米
非キリスト教圏キリスト教圏キリスト教圏キリスト教圏非キリスト教圏キリスト教圏非キリスト教圏キリスト教圏
197500000100
198100000100
198420000000
198700000001
199010000000
199111000000
199220101000
199310000000
199430000300
199520100000
199630100101
199751000000
199851000100
199960000000
2000151020201
2001141010001
2002171100201
200370000000
2004111000210
200581010300
2006112000200
2007101000500
2008124000101
2009171000300
2010212000100
201140000000
合計178184412816

表4-2 キリスト教圏・非キリスト教圏の別 受賞数(その2)
受賞年南アメリカ北アメリカ合計
キリスト教圏キリスト教圏非キリスト教圏キリスト教圏合計
197500011
198110022
198400202
198700011
199020123
199110123
199200314
199380189
199400336
199500213
199601347
199700516
1998505712
1999606612
200033151227
20010014317
20020117623
2003317411
20043112719
2005308816
20061211718
200771101424
20082012820
20095017926
201064211334
201100404
合計5614180130310

 以上の表を見るとやたら途上国、それも中国からの受賞が多いこと、また破門前後から突然毎年コンスタントに受賞するようになってきたことなどが読み取れる。どういうわけだか阪神淡路大震災のあった1995年の受賞数が減っているのも不思議といえば不思議である。これらの事実からいろいろ邪推はかきたてられるが解釈はこれをご覧の皆様にお任せする。

〔2011.6.30〕
 追加調査の結果設置主体が判明した大学があるため第3表を差し替えた。

〔2011.7.1〕
 りゅうさんの調査によって「デンマーク・南大学」及び「ラテンアメリカ工科大学」の同定ができました。りゅうさんのご協力に感謝申し上げます。なお、twitter上でご報告いただきました。

〔2011.7.1追記〕
 一部文章を修正しました。詳細はこの記事のコメント欄を参照してください。

〔2011.7.3追記〕
 オーダーメイド集計の依頼にももちろんお応えいたします。お気軽にお申し付け下さい。集計結果はこのエントリに掲載いたします。なお、集計表の著作権は資料屋に属するものといたします(ただしクリエイティブコモンズライセンス下に置きますからほぼ自由な利用が可能です)。自由なデータ利用を促すための措置です。ご理解下さい。

〔2011.7.4 追記〕
 第4表を追加しました。

〔2011.7.7追記〕
 りゅうさんの調査によりサンパウロ・メトロポリタン大学のポルトガル語名称は「Centro Universitário Metropolitano de São Paulo」であることが判明しました。同時に日本学生支援機構サイト(国会図書館サイトに紹介されてました)からブラジル国内の大学を検索できるサイトに飛び検索した結果私立大学であることが判明しました。りゅうさんのご協力ありがとうございました。
 また、エンリケ・ディアス・デ・レオン大学についてもスペイン語名称は「Universidad Enrique Díaz de León」であることをりゅうさんよりお教えいただき、これを元にやっぱり日本学生支援機構サイトにあったメキシコの高等教育機関協会サイトの大学検索を試みたところ州立大学と判明しました。
 以上二件についてりゅうさんにご協力いただきました。
 なお集計表についてはこれらの追加調査の結果を反映しております。

テーマ:創価学会・公明党 - ジャンル:政治・経済

■行動界隈はパチンコは違法賭博というがそれは間違いだ

 最近行動界隈は(特に自称桜井誠、瀬戸弘幸などが顕著)「パチンコは違法賭博」との主張を盛んにしている。そのような主張の下に街宣等も行っている。しかし、少なくとも現行法の下ではパチンコは合法と言わざるを得ない。以下素人が条文読んだだけの知識で引用を交えながら縷々説明してみる。最後に素人考えではあるがパチンコ換金違法化にはどのような規定が効果的か少しだけ触れてみる。

 刑法では賭博は犯罪とされている。次の条文の通りである。

 (賭博)
第百八十五条  賭博をした者は、五十万円以下の罰金又は科料に処する。ただし、一時の娯楽に供する物を賭けたにとどまるときは、この限りでない。
 (常習賭博及び賭博場開張等図利)
第百八十六条  常習として賭博をした者は、三年以下の懲役に処する。
2  賭博場を開張し、又は博徒を結合して利益を図った者は、三月以上五年以下の懲役に処する。
 (富くじ発売等)
第百八十七条  富くじを発売した者は、二年以下の懲役又は百五十万円以下の罰金に処する。
2  富くじ発売の取次ぎをした者は、一年以下の懲役又は百万円以下の罰金に処する。
3  前二項に規定するもののほか、富くじを授受した者は、二十万円以下の罰金又は科料に処する。

 このように、賭博は明確に犯罪とされている。従って料金を支払って遊戯をし、その結果によって景品を提供するパチンコ店はこの賭博罪に当たりそうなものである。しかし風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律(以下風営法と略す)に次の条文がある。

 (遊技料金等の規制)
第十九条  第二条第一項第七号の営業を営む風俗営業者は、国家公安委員会規則で定める遊技料金、賞品の提供方法及び賞品の価格の最高限度(まあじやん屋を営む風俗営業者にあつては、遊技料金)に関する基準に従い、その営業を営まなければならない。
(なお、第二条第一項第七号は「まあじやん屋、ぱちんこ屋その他設備を設けて客に射幸心をそそるおそれのある遊技をさせる営業」である。)

  このように風営法はパチンコ店に景品の提供を認めているのだ。再び刑法。

 (正当行為)
第三十五条  法令又は正当な業務による行為は、罰しない。

 パチンコ店が景品を提供するのはまさに風営法という「法令…による行為」である。従って犯罪とならないのだ(なお、刑法総則で「罰しない」と書いてあるのは犯罪とならないという意味であって単に刑を免除するのみという趣旨ではないので念のため)。
 ここまでのまとめ。パチンコ店は景品の提供を風営法によって認められており、風営法で認められている以上刑法上も35条の正当業務行為として罰しない、犯罪としないことになっている。
 そして、そうやって提供された景品を自分で消費しようと古物商に売却しようとまったくの自由である。景品を売却してはならないという規定はどこにもない。よくパチンコ店の近くにある景品交換所はこの「古物商」。単に古物を買い取っているだけなのだ。その古物商は景品問屋に景品を売却、その後景品問屋がパチンコ店に景品を卸している。景品をどこから調達しなくてはならないという規定もないからものの見事に合法である。もっとも換金を目的とした「特殊景品」は市場価値がまったくなくもっぱらその古物商でしか買い取ってもらえないのだから風営法で提供が禁止されている現金や有価証券を事実上提供しているようなものだとの批判はあって、これに応えて都内では金景品が導入されている。この金景品はそれなりの市場価値があって、一般の古物商であっても買い取る価値があるものだ。実際、一時金相場の高騰によって景品交換所に持ち込むより一般の貴金属店に持ち込んだほうが高く買い取ってもらえる現象が発生し、あわてて景品交換所は引き取り価格を引き上げたということも過去にはあった。
 なお、パチンコ店が直接景品を買い取ることは結局現金を提供しているのと同じであるから風営法で明文で禁止していて2009年中には景品を直接買い取ったパチンコ店が検挙された事案が1件あった(警察庁「平成21年の犯罪」)
 このようにパチンコ店が提供した景品を換金することも合法という結論になる。景品も合法、換金も合法というわけだ。しかし次のような疑問をもたれる方もいるかもしれない。「パチンコ店以外の店が同じことをやれば即検挙ではないか」と。しかし、先に挙げた風営法の規定はパチンコ店にのみ景品の提供を認めていたことを思い出してほしい。景品の提供がパチンコ店のみに認められている以上同じようなことを他の業界で行えば当然違法となる。

 そういうわけでパチンコ店は法の枠内で営業していることはお分かりいただけたであろう。したがってパチンコ店の換金を問題にするなら法改正を主張すべきで、違法であることを主張しても無意味なのだ。最後にどのように法改正すれば換金をしにくくなるかちょっと触れておく。割と簡単で、パチンコ店が提供できる景品を食品に限ってしまえばいいのだ。こうすることによって換金は格段にやりにくくなる。これは国家公安委員会規則の改正で実現できそうである。もっともそのような法改正をすべきかどうか、そのような法改正によって業界や客がどのように行動を変えるかについて私には知識がないのでその点については賢明な皆さんの判断に委ねよう。

〔2011.6.29追記〕
 はてブで何でバカラやらが同じことやれば即検挙なのかとコメントを頂いたがこれは「風営法で景品出せるのはパチンコ店に限られている」これに尽きる。従ってゲームセンターなどが遊戯の結果に応じて景品を出すのは違法となる。しかし面白いことにクレーンゲームについては景品の価格がおおむね800円以内なら違法とは取り扱わないと警察庁から通知が出ている(「風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律等の解釈運用基準について」平成14年警察庁丙生環発第4号、丙少発第3号警察庁生活安全局長通知)。あくまでも警察内部の取り扱いを示したものであるから裁判所に持ち込まれればどのように判断されるかはわからない。もっとも、最近のゲームセンターは親切でわざわざ目当ての景品を取りやすいように置き換えてくれたりして、事実上ちょっと凝った自動販売機と化しているのでそれほどおかしな取り扱いではないかもしれない。

〔2011.6.29追記2〕
 パチンコを問題にするときなんで違法でなければならないのだろうか。違法でなくてもこういう弊害があるから法改正をして違法化してくれという主張のやり方もあるはずだ。

テーマ:カジノとパチンコ - ジャンル:政治・経済

■池田大作に名誉学術称号を与えた大学の中で設置主体不明の大学がなおあります、皆様に調査のお手伝いをお願いいたします

 今回は皆さんに調査のお手伝いをお願いします。「池田の名誉学術称号を集計してみた」で池田大作が名誉学術称号を受けた大学のうちネットでググっても設置主体が不明だった大学は「主体不明の大学」としてカウントしてありますが、この「主体不明の大学」に分類されている大学の設置主体を突き止めるべく「International Handbook of Universities」をめくって調査を行いました。これによって主体不明の大学に分類してある大学のかなりの部分までの設置主体が判明しました。ただし創価大学公式の英語名称と食い違いがある大学がいくつかあるので次に示します。また筆者が挙げた大学と創価学会が示す大学とは違う可能性もなおあることに留意してください。何しろ創価大学公式の表記が現地表記をアルファベットに置き換えただけだったりあるいは新たに英訳したりまちまちなもので。

受賞年月日 2000.4.17
国名 エルサルバドル
大学日本名 ラテン・アメリカ工科大学
大学英語名(創価大学公式) Latin American Technical University
大学英語名(IHU) Technical University Latin America

受賞年月日 2009.3.21
国名 デンマーク
大学日本名 デンマーク・南大学
大学英語名(創価大学公式) University College South
大学英語名(IHU) University of Southern Denmark

 特に後者のデンマーク・南大学については同一性にまったく自信がありません。そこでこのデンマーク・南大学とやらは本当に「University of Southern Denmark」なのか調査をお願いしたいのが一点目です。〔2011.7.1 りゅうさんの調査によって同一であることが確認できました。りゅうさんのご協力に感謝申し上げます。なお、twitter上でご報告いただきました。〕二点目。この調査によってもなお設置主体不明の大学が残ってしましました。ついにエア大学からの受賞が確認されたおそらくは私の調査不足のせいだと思われ、特にIHUは最新のものしかめくっていないので過去のものの調査は未着手なのが現状です。そこで勝手ながら皆さんにお願いです。以下に示す設置主体不明の大学の設置主体の調査をしていただきたいのです。

受賞年月日 2000.5.5
国名 モンゴル
大学日本名 モンゴル文学大学
大学英語名(創価大学公式) Mongolian Institute of Literature

受賞年月日 2001.5.14
国名 モンゴル
大学日本名 カラコルム大学
大学英語名(創価大学公式) Kharakhorum University

受賞年月日 2001.12.20
国名 カザフスタン
大学日本名 国際カザフ・トルコ大学
大学英語名(創価大学公式) Ahmet Yesevi Kazakh-Turkish International University

受賞年月日 2002.11.20
国名 モンゴル
大学日本名 シヒホトグ法律大学
大学英語名(創価大学公式) Shihihutug Law School

受賞年月日 2009.10.28
国名 ロシア
大学日本名 ヤクーツク第1教育カレッジ
大学英語名(創価大学公式) Yakutsk Teacher-training College No.1

受賞年月日 2009.12.15
国名 メキシコ
大学日本名 エンリケ・ディアス・デ・レオン大学
大学英語名(創価大学公式) Enrique Díaz de León University

受賞年月日 2010.8.17
国名 キルギス
大学日本名 オシ人文教育大学
大学英語名(創価大学公式) Osh Humanitarian Pedagogical Institute


受賞年月日 2010.8.17
国名 キルギス
大学日本名 オシ農業大学
大学英語名(創価大学公式) Osh Agricultural Institute

受賞年月日 2010.12.2
国名 ブラジル
大学日本名 サンパウロ・メトロポリタン大学
大学英語名(創価大学公式) São Paulo Metropolitan University


〔2011.7.7〕
 りゅうさんの調査によりサンパウロ・メトロポリタン大学のポルトガル語名称は「Centro Universitário Metropolitano de São Paulo」であることが判明しました。同時に日本学生支援機構サイト(国会図書館サイトに紹介されてました)からブラジル国内の大学を検索できるサイトに飛び検索した結果私立大学であることが判明しました。りゅうさんのご協力ありがとうございました。
 また、エンリケ・ディアス・デ・レオン大学についてもスペイン語名称は「Universidad Enrique Díaz de León」であることをりゅうさんよりお教えいただき、これを元にやっぱり日本学生支援機構サイトにあったメキシコの高等教育機関協会サイトの大学検索を試みたところ州立大学と判明しました。
 以上二件についてりゅうさんにご協力いただきました。
〔2011.7.16〕
 オシ人文教育大学についても設置主体が判明しました。2010年5月21日付け聖教新聞に国立大学との記述がありましたのでそのまま採用します。


 なお、設置主体がわかったよという方はこの記事のコメント欄に調査結果を報告してください。その際、典拠となる資料も示していただきますようお願いいたします。何というタイトルの本の何ページにありましたという形で結構です。新聞でしたら何年何月何日の何々新聞の何面という形で示してください。この際聖教新聞がソースでも構いません。データベースでしたらどういうデータベースでなんという検索語でヒットしたかをお示しいただければ幸いです。誠に勝手なのですが、出典となる資料は国立国会図書館、神奈川県立図書館、神奈川県立川崎図書館、東京都立中央図書館、千葉県立中央図書館、千葉県立西部図書館及び埼玉県立浦和図書館で利用可能な書籍・新聞・雑誌、あるいは国立国会図書館、神奈川県立図書館、神奈川県立川崎図書館、東京都立中央図書館、千葉県立中央図書館、千葉県立西部図書館及び埼玉県立浦和図書館で利用可能なデータベースに限らせていただきます。
 皆様の調査結果は筆者において確認の後データベースに反映させていただきます。また「池田の名誉学術称号を集計してみた」という記事にも調査協力者としてお名前を掲載させていただきます。また、現在池田大作が受けた顕彰をすべてリスト化してエントリにまとめる作業を行っていますが、当該の顕彰を掲載する部分にも調査協力者としてお名前を掲載いたします。

 誠に勝手なお願いとは存じますがどうかご協力のほどお願い申し上げます。特に特に「池田先生の偉大な業績を示してやる」という熱心な創価学会信者の皆さんのご参加を強く希望します。大学の調べ方一つわからない筆者の蒙をどうか一つ啓いていただきたくここにお願いする次第です。

テーマ:創価学会・公明党 - ジャンル:政治・経済

プロフィール

資料屋

Author:資料屋
ブログ名変えた(2011.4.24)。落ち着かないなあ。

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム